靴職人ゴエモンの歴史② 〜ゴエモン1ヶ月寄り道編〜

実はゴエモンさんは2019年冬東京に来る前に少し寄り道をしていました。 どこかというと埼玉は狭山市 となりのトトロの舞台となったところです。 けっしてトトロを探しに行ったわけではありません。

大手自動車会社の製造部門の期間工(派遣)のお仕事をしていました。 なぜ期間工を選んだかというと大手自動車メーカーの期間工は結構稼げるからです。 その理由の一つが期間満了金です、期間工ではある一定の期間、勤務を全うするとボーナス報酬が もらえます。愛知県にある自動車メーカーでは3年で満了金だけで総額300万以上もでるので夢のために貯蓄されている若者も多いですね。

ゴエモンさんもこれ目当てでした。笑笑 ゴエモンさんが目指したのは最低契約期間の3ヶ月で9万円の満了金と月10万の貯金を3ヶ月 でした。 たった3ヶ月で40万も貯金できちゃう!!

働く前は大企業なんだから、どうせ全自動で楽チンだろうと思ってたらなんとびっくり!! 狭山工場は数ある工場の中でも、かなり古い工場だったらしく、ボルト1つ締める仕事も人が行 うフルハンドメイド工場でったのです!!bespokeかよ!!ギルドかよ!!って思いました。(イ メージ画)

しかも、毎日同じ作業の繰り返しで当時のゴエモンさんは刺激を求めていましたので、とても退屈に感じていました。  心が病みそうになった時、早朝通勤のバスの中こんな考えがよぎりました。 『今日やめたいなー、よしやめよう』 会社についてバスを降りてすぐ班長に電話を入れました。「最速で辞めさせてください。」 今思うと大変非常識ですが、我慢ができませんでした。 結局その後すぐ辞めて、満了金ももらわずに急いで賃貸を決め東京は台東区、三ノ輪へやってきた のです。

この後、早期に退職したことがきっかけで思いもしない出来事が次回 待望の靴学習!!橋本さんとの遭遇!!税金との格闘!!~ お楽しみに!!

Follow us

  • インスタグラム
  • ライン
  • ユーチューブ